CPとは?米FRBがCP購入

昨晩、経済ニュース番組を見ているときに、米FRB(The Federal Reserve Board、連邦準備理事会)が企業の資金調達支援のために、CPを直接購入するという速報が出ました。新型コロナウイルスの影響で世界中で景気悪化になってきているために、企業への支援が必要になったと判断したようです。

前回は2008年の金融危機のときに行い、2010年に状況が良くなったと判断して廃止した制度です。

今回は先行き不安でMMFがCPを相次いで売却しているそうです。

日本経済新聞

【ワシントン=河浪武史】米連邦準備理事会(FRB)は17日、企業の資金繰りを抜本的に支援するため、企業が短期資金の調達に…

Twitterを見ていても、NYでレイオフされたや、国内企業で内定取り消しになったなど、先行きを不安視する材料はいくらでも見つかる状態です。株価もここ数日は乱高下が激しいです。

この記事を書いている本日は、日経平均株価は上昇していて、昨晩のNYダウも大幅な上昇でした。米国が発表した1兆ドルの経済対策に反応したようです。日本が発表している政策に比べるとスケールが大きいなと感じますね。

朝日新聞デジタル

 米トランプ政権と米議会は17日、新型コロナウイルスの感染拡大による経済への打撃を緩和するため、個人へ現金を直接配る措置…

CPとは?

CPはCommercial Paper(コマーシャルペーパー)の略です。企業が短期の資金調達のために発行する約束手形です。約束手形なので購入してもらわないと資金化できません。

誰が購入しているのでしょうか?調べてみると、MMF(マネー・マネジメント・ファンド)やメガバンクが購入しているようです。個人が購入する場合は、直接購入するのではなく、MMFを通じて間接的に購入というより投資する形になります。

投資信託のレポートなどを見ていると、MMFに投資しているという記載をよく見かけます。

CPを発行できる企業は?

CPを発行できる企業は、一部の優良企業に限定されているようです。償還期間は1年未満ですが、4か月未満がほとんどのようです。

銀行融資以外の資金調達手段の一つですね。

MMFとは?

MMFはMoney Management Found(マネー・マネージメント・ファンド)の略です。投資信託の一種で、安全性の高い金融商品や格付けの高い公社債などに投資するファンドです。

現在の主流は外貨建MMFのようです。少額からいつでも売買でき、売買手数料も無料です。私が契約している証券会社の場合も、外貨の場合は、10米ドル以上1セント単位、円貨の場合は5千円以上1円単位になっていました。

安全性は高いとはいうものの、外貨建ての公社債や短期金融商品などの値動きがあるものに投資するので元本割れすることもあります。

最新情報をチェックしよう!

経済の最新記事8件