5Gのメリットは?ドコモも5G商用サービス開始

ドコモでも5Gサービスの開始が発表されました。3月25日から商用サービスを開始するそうです。

海外では既に商用サービスが提供されていますが、国内では今年から一斉に始まります。

5Gとは何か?

5Gは第5世代移動通信システム、つまり携帯電話の電波の第5世代のことです。現行の4GのときもテレビCMなどはありましたが、そのときよりも世間の期待は大きいように思います。

5Gの特徴は、「高速」「低遅延」「多数接続」です。

4Gが始まった頃と違い、iPhoneなどのスマートフォンが広く復旧しました。インターネットを使ったサービスもあの頃よりも爆発的に増えましたし、個々のサービスも大量のデータを通信するように変わりました。例えば動画です。

通信速度の変遷

5Gは高速通信という特徴があると書きましたが、4Gのときも高速性は謳われていました。どのくらい違うのでしょうか?ドコモの5Gに関する解説ページを見てみましょう。

5Gは、LTE-Advancedの次の世代となる第5世代移動通信システムです。ドコモは2020年のサービス開始をめざして…

この解説ページによると、通信方式と通信速度の関係は次のようになっているそうです。

4G : 225Mbps 以上

5G : 3.2Gbps 以上

理論値ではありますが、3.2Gpbsとなると家庭に引いているフレッツなどの光接続の速度を超えていますね。

低遅延によるメリット

低遅延によるメリットは遠隔操作です。遠隔で操作するメカなどで遅延が起きない通信ができるとリアルタイムの操縦を可能にします。遠隔操作するときの通信経路には、5Gの部分だけではなく、プロバイダー内だったり、クラウドのサーバー内であったり、色々なところを経由します。それらの部分は無線に比べれば十分に高速なので、5Gによって最後の部分が遅延しなくなるのメリットです。

多数接続によるメリット

多数接続は、IoTで力を発揮します。多数のIoTセンサーや自動制御ロボを配置する場合、それらの機器の個々の1回の通信は非常に小さいデータ量でしょう。映像を送るカメラの場合は別として、センサーから読み取った値などは数キロバイトです。

屋内であれば、Wi-Fi接続で構わないですが、屋外の場合、携帯と同様に5Gや4Gで接続します。5Gでの多数接続は、多数のセンサーをWi-Fiが届かない場所に配置するときに有利です。

5G対応スマホ

Docomoの場合は5G対応スマホは商用サービス開始と同時に発売します。

サービスインと同時に発売する機種は以下の通りです。

  • Galaxy S20 5G (SC-51A)
  • AQUOS R5G (SH-51A)

それ以外の機種は4月下旬以降です。

iPhoneは現時点では5Gには対応していないですが、当然、次モデルでは対応すると思います。

最新情報をチェックしよう!